転職活動中の女性たちの写真

現在の職場にどうしても不満があるから転職を考えているという方は多いと思います。そして転職活動にはそれなりにコツというものがあります。当サイトではそういった転職に役立つ便利な情報を提供していきたいと思います。

転職の時に資格や長所を最大限に生かすには

転職の時に自分の資格や長所を最大限に生かすようにしましょう。生かすことができたら、転職はうまくいく可能性が高いです。自分の資格を生かすには、それを使った実務の経験をアピールすることです。実務の経験があることは、資格を生かして転職先でも働けることになります。例えば中小企業診断士の資格を持っていて、それを活用してある企業の経営状態についてアドバイスをしたと事があったら、そのことを面接時に話せば、面接担当者に良い印象を与えることができます。資格を持っていても、実務経験がない場合もあります。そんな場合でも資格を取る努力をしたことを認めてくれる会社もあるので、自分の持っている資格を話す価値はあります。資格を取るために努力したことを具体的に話しましょう。長所の場合はやや抽象的になるので、できるだけ具体的な長所をアピールするようにします。例えば、粘り強い性格だったら、その性格を生かしてどのような仕事をしたか具体的に述べるようにします。例えば、営業の仕事で営業先で断られそうになっても、自社の製品の良さを冷静に説明して、契約を勝ち取った、というようなことを面接時に話すようにします。あまり仕事と関係のない長所を話しても、面接担当者を惹きつけることはできません。良い性格を持っていることは悪くないのですが、会社は仕事をして、利益を得ることを第一にする組織です。そのためには、会社に入ったその人から現場ですぐに働ける人材であることを、面接官に納得させる必要があります。できるだけ仕事で生かせる自分の長所を話すようにしましょう。ただし長所ばかり話し過ぎるのは慎むべきです。話し過ぎると傲慢な性格の持ち主と判断される恐れがあります。